スムージーの基礎知識

今では世界中で大ブームとなっているスムージーですが、元々のスムージーは凍らせたフルーツと水で作るとてもシンプルな物でした。

新鮮なフルーツをそのまま使う場合は、氷を入れてそのままミキサーにかけシャーベットのようにトロミのある冷たい飲み物というイメージです。

砂糖やミルクなどは入れずに、フルーツの味だけで楽しむのが基本的な飲み方です。

ハワイのように年間を通して熱い国では、スムージーを専門に販売しているスタンドやショップがあります。

ハワイの名産の一つである、パイナップルを使ったスムージーも人気ですが、いろいろなバリエーションをつけて、野菜なども使うようになっていきます。

果物と野菜には豊富な酵素ミネラルも含まれているので、スムージーを飲むだけで野菜不足を解消できたり、不足しがちなビタミンCを手軽に補える事から日本でも注目されるようになります。

今は緑黄色野菜をメインにして作るグリーンスムージーも人気があります。

栄養バランスをよくするために、ヨーグルトや牛乳・豆乳などを入れて作るスムージーも好まれています。

水の代わりに100%の野菜ジュースやフルーツジュースを使えば、濃厚で味わい深いスムージーがつくれます。

自宅で好きな素材を使って作る手作りスムージーも人気ですが、健康食品として水や牛乳と混ぜるだけで簡単にできるパウダータイプのスムージーも選ばれています。

野菜嫌いの人も果物と混ぜる事で飲みやすくなるので、簡単に野菜不足を解消できます。

【スムージーのおすすめ情報サイトhttp://www.chicagohotelstoday.com/